COLUMN

Mighty Canine Campus

【新企画】トレーニングウォーク始めます。

いつもレッスンやお教室にご参加いただきありがとうございます。

 

昨年冬は東に西に移動して目まぐるしい毎日を送っていた(結果ぎっくり腰)

 

その辛い初体験から特に学ぶことなく忙しく過ごした冬、、、春を迎えると同時に緊急事態宣言、私は確定申告の準備が終わらない宣言しそうなところに申請期間が延長になり、少し救われた。

 

そこから2ヶ月半の活動自粛、オンラインへの移行、愛犬ととにかく地元を歩く毎日。

お散歩の中でも気付くことはたくさん。ひらめきやマインドのリフレッシュ、

 

ただ指導する立場に常に立つのではなくて、私も1愛犬家、生徒さんと同じ目線で常に考えて、私ならこうでありたいという共感や日常生活に活かされるアドバイスができる様にさらに磨きがかかった貴重な時間でした。

 

生徒さんからのメインの需要であるガンドッグが私も生徒さんも思う様にできない日々の中でもちろん愛犬を思う様に走らせられない、楽しませられないフラストレーションは誰もがあったと思います。

 

しかし6月に活動再開したことで、トレーニングをしていなかった大きなブランクを感じさせる犬はほとんどいませんでした。(自粛太りはいましたねぇ)

 

それは私の愛犬も一緒です。むしろ自粛期間を経て一旦立ち止まって見直しができたのは本当によかった!

 

そして夏は恒例の八ヶ岳拠点で今年は6月〜トータルで4ヶ月間こちらで過ごしてきました。

 

10月の八ヶ岳は日に日に紅葉が進み、ただ運転をしているだけでも心躍る色合いに変わり、個人的にとても楽しんでおります。

 

そのため、来年も10月末までは八ヶ岳で過ごしたいなぁと切願しております。

 

11月から横浜を拠点に戻すにあたって、、、色々と考える節はあります。

 

日本で独立して活動する様になって5年目

 

1年たりとも同じルーティーンで過ごせたことはありません。

 

それは継続生が多いからなのか?☺️いや、それでも毎年新しい出会いもあり、

 

確実に私が帰国をした初年度に比べて生徒さんの意識は年々高く、知恵もついて、愛犬とより良い絆を深めたいと考えて、惜しみなく努めていらっしゃる方に常に囲まれているので、

 

私の引き出しや皆さんに提供することも年々変わっていきます!!!

 

特にこの春の自粛期間で対面レッスンをお休みしている間もフィールドではなくても「愛犬との暮らし方」を真っ向から向き合い取り組まれた方がほとんどで、その甲斐もあってか

 

今年の夏のレッスンは「ガンドッグ」だけではなく「お散歩の様子を見て欲しい」という方のリクエストも多かったです!そして昨年からパピートレーニングの依頼が増えている=思春期のレトリバーたちがあふれている!!!!

 

お散歩レッスンの依頼が増えたのは、自粛期間を経て愛犬とまっすぐ向き合えた故に、焦ってフィールドに出るのではなくて「日頃の暮らしの軸」を見直し、その部分をよくすることがフィールドで立つことにも繋がると考えられる方がオンラインセミナーを通して、見えてきたのかな?と思いました。

 

そして八ヶ岳こそ「マイ フィールド」がそこら中に広がっていますが、冬〜春はそういうわけにはいかない!!!

 

そしてBABYCHICK クラス、CHICKクラスに上がるほど、

「日頃の犬とのコミュニケーションを見直してください」

「犬をダミーに送り出して指示をかける以前に解決しなくてはいけない問題がある」

と指摘された方も多かったでしょう・・・

 

そして私の生徒さんは圧倒的に多頭飼いの方が多く、1頭ずつと質のいいコミュニケーションが取れているかレッスンやお教室では見切れない部分がある、、、

 

話を聞くと

「どうしてもみんな一緒のお散歩になっている、、、」

「レッスンが貴重な1対1で向き合う時間」

「なかなか1対1で散歩に連れて行けるチャンスが作れない」

「同居犬といれば上手に歩けるけど、1対1だと不安」

とおっしゃられる方が多い

 

かと思いきや、1頭飼いの方は

「犬に会うとどうしても気になって自分に向いてくれない」

「どうやってお散歩を楽しませてあげたらいいのかわからない」

「将来的に競技会など他犬や他人に混じる環境に行かせたいがうまくならせられない」

「自然たっぷりの公園に行ってあげたいけど、きっかけがない」

等のお話を聞くのは日常茶飯事!!!

 

「複数頭のシチュエーションで私の言葉に耳を傾けて欲しいけど、他の犬がそれぞれの飼い主さんに意識が向いていないから自分だけ言うことを聞かせるのは難しい」などもありますね。

 

あとは愛犬と向き合って頑張っている姿をなかなかご家族に理解してもらえないから、グループレッスンに同行してもらうことで、先生の発言を家族に聞かせたい!という方も多い。「なぜ、今、こんなに必死に取り組むのか」をお散歩を通してご家族に伝えられる機会があってもいいかなと。

 

自粛期間中のオンラインセミナーでも「お散歩と飼い主さんとのきずな」というのは結構ホットワードでした。

「犬との散歩は犬のための排泄や運動ではなく、犬との絆を確認する場である」

フィリッパ先生はよくこの様に愛犬とガンドッグやドッグスポーツを楽しむ方に伝えていました。お散歩で犬が飼い主さんに向ける姿勢ほど、本当に犬が飼い主さんに見せたい姿勢や態度が現れる。。。

 

であれば、雨天以外は時間帯を気にせずにお散歩に出られるシーズンだからこそ!!

私の拠点が横浜に戻り、移動が可能になるからこそ!!!!

 

お散歩&少人数に特化した「トレーニングウォーク」を平日・休日月2回くらい開催していきたいと思います。

 

ただただ歩くというだけでなくて

ある時は「散歩途中でピクニックみたいな座談会(犬はマットで休憩)」

ある時は「広場に立ち寄ってプチトレーニング(ロングリード着用で)」

ある時は「遠方に出向いてトレッキング」

 

犬と飼い主さんが絆を深めるためのグループウォークをご提案できればと思います。

 

開催場所は参加希望者のみにお伝えしたいと思いますので、

開催告知の欲しい方はメールリストを作るので、メールアドレスを添えてご一報ください。

 

【参加条件】

○MCCのレッスンを一年以内に複数回受けている

○必ずしも満足な歩き方をしていなくてもよし、そこを習得するための会であり、上手に歩ける姿を見せるための会ではない。

 

○多頭飼いの方はまずは1頭を連れての参加をお勧めします。ペアにより複数頭を連れての参加の許可をする場合もあり。

 

※開催場所のざっくりとした目安は東京郊外〜湘南エリアなどなど、1回につき参加募集枠は3、4組

 

他犬に対して攻撃性の心配や1対1のお散歩での問題点がある場合はまずは

プライベートレッスンでご相談ください。

 

f:id:m-k9-campus:20201013214855j:image